次の被害者はもしかしたら私?あなた?危機感を感じてますか?

スポンサーリンク

5月28日朝、
またまた日本で悲しい事件が起こりました。
川崎市で19人刺され、2人が死亡・・・
このニュースに伴って、
SNS上では容疑者を批判する投稿がどんどん増加中です。

このニュースを見た瞬間、
びっくりすると同時に、
深い悲しみしかないです・・・

たくさんの方は
「またか・・・」
「容疑者一人だけ死ねばいいのに・・・」
程度の思いしかないです。

けど、外国人の目線で私から見ると、
このような事件は
もはや日本の社会問題になっていて、
社会人の私たちが
全員実は責任があると思います。

今の日本はどんな社会になっているか、
たくさんの日本人が気づいてないと思いますが・・・

今の日本はすごく冷たく、
人と人の間に警戒心深くて
人間不信な社会になっている気がしませんか。

何年前に、息子の同級生が急に不登校になってしまいました。
一時的なことかなと思ったら、
なんとその後もずっと不登校のままでした。

うちの家にも何回か遊びにきたことがあったので、
記憶中では普通にかわいい明るい子でした。

「あなたのお友達でしょう?そのまま放っておいていいの?
OOO君を家に誘ってきて、一体何かあったか、
ママが聞いて解決してあげたい、一緒にOOO君を普通の生活まで引っ張りだしてあげましょう」
と私が心配で息子に言いました。

そこで、
「ママ、余計なことをやめて!
僕たちも彼の家まで何回も言って説得しに行ったけど、
本人聞いてくれなかった。
ここは日本だから、ママの気持ちは単なるお節介になるだけ・・・」
と息子が言い返しました。

あ、そうだよね、ここは日本だから中国のやり方では通用しない〜とわかりました。

中国なら、無理にしてもその子の家まで飛び込んで話を聞いたはずだけど、
日本ではこのような親切さ、逆に相手にとっては迷惑になるようです。
本来熱い正確な私もその足を止めたのです。

その後、もう一つ出来事がありました。

昔、飲食店を経営していたときに、ある常連さんが急に来店しなくなって、
いつも同行していた仲間達に聞いてみたら、うつ病にかかっていて入院していたらしいです。

私がそのお客様の仲間達との会話です↓↓
「え?!入院したんですか?!何かあったんですか?お見舞いに行ったんですか?」
「行ってない・・・」
「なぜ行かないですか?」
「日本ではこういうときに、お見舞い行かないものです」
「なぜ?・・・」
「そっとしておくのが普通・・・」

この会話で、私はすごく驚きました。
これが日本の常識というものみたいです。

悲しくないですか??!!
うつ病になる人は、簡単にいうと心の病気です。

最初は確かに一人にしてほしいこともあるでしょうけど、
長いことを一人ぽっちさせたら、
絶対にさらに寂しくなりさらに孤独になり症状もひどくなることに間違い無いです。
心を癒すのに、優しい心で癒せるはずと私が信じます。

けど、今の日本では、
普通に健康な人と人のお付き合いでも距離感を保つ・・・
道におじさんが一人で歩いてると、不審者に思われたり・・・
うつ病とかになった人から大半の人々は一気に離れていったり・・・
というような現状になっています。
ある知り合いから聞いた話ですが、
子供さんが精神不安定で自宅で叫んだだけで、
近所が警察に通報して、その子を無理に病院に入れられました。
毎日毎日のことなら確かに近所迷惑でしょうけど、たまに発症しただけで、
なぜ優しく寛容な気持ちで見守ってあげられないですか?
精神病院に入れられたことによって、その子がさらに深刻になってしまったらしいです・・・

日本人の皆さん、どう思いますか?
このような冷たい社会現象で、
私たちの冷たさで無意識に人を犯人として育ているんです。

人を殺している犯人達の行為はもちろん罪深く許せない行為です!

けど、その犯人達がその犯行するまで、
きっと何かあったはずです。

人間は生まれたときに、全員同じく純粋で優しい人間です。
生活環境によって、親の教育によって、
人間性がお大きく変化していくようになります。
結局親の教育がすごくすごく大事だと私が思います。

しかし、今の社会は、
親が子供を叱れない
周りの人が他人の子を叱れない
学校の先生がうるさい親に怖がるため、子供達に気遣う
・・・
いろんなことで、
今の社会は人と人の距離がどんどん遠くなり、
人のことを無関心になってきたこの無意識な冷たい社会現象について、
非常に残念で悲しくなりませんか?

家族関係から社会関係まで、皆うわべの平和だけ保って、
周りの人の心を無視し、
社会全体このような冷たさがどんどん広まっているから、
このような悲しい事件がまたまた起こるに違いないでしょう。

私たちと関係ない話ではないですよ、
いつか次回の被害者が私たちに当たってくるかもしれないから・・・
本当に危機感を感じてください!!
社会人であり、親の私たちであり、近所の私たちであり、
会社の同僚立場でありの私達、
もっと周りの人と、家族と心の触れ合いを常にしてくださいよ。

悲しみ、寂しさだけで人がおかしくなるから、
もっと周りの皆さんに優しく温かく接していきましょう。

それはうわべのお世辞ではなく、
特に落ち込んでいる人とか、悩んでいる身近な人とか、
心から関心を持って優しく接していきましょうよ。

優しさは人を救えます、
冷たさで人を潰してしまいます・・・

しかし、どんな理由があっても、
ストレスを抱えているからだからと言って、
人の命を奪う権利が誰もないです!!

辛い時に誰かと話してみてください、
愚かな犯行行為だけではあなたの問題は何も解決にはならないです。

罪ない、関係ない人を巻き込んで行くのは愚かで卑怯すぎる行為です!
こういう事件が二度と起きないように、
私たちできることはきっとあるはず!
たとえどんなに細やかな優しさでも・・・
このような事件から私たち、
この社会現象にもっと真剣に向かいましょう。
自分のためにも、
家族のためにも、
社会の安定のためにも・・・