あなたは褒められて伸びる人?叱られて伸びる人?

スポンサーリンク

こんにちは〜

いつも元気な笑顔がいっぱい!

在日中国人ママ&起業家のShokoです♪

毎日毎日、時間の流れって本当に早いものですね。

昨日も月一度の

現地対面コンサル生たちの勉強会を開催しました。

関西のメンバーたちは

一部昨年の一月から入って来たコンサル生ですが

正直もう一年も経ったし

わざわざ遠いところから

勉強会までくることを強制しないのに

なぜか毎回きちんとこの勉強会に参加するんです。

単なる気遣いで無理しているじゃないかなと

思ったりするときもありますが

思わず「無理しなくていいよ・・・」って言ってしまいます(笑)

そうすると、

「毎月の勉強会はいつも

楽しみにしていることなので、

参加できることは本当にありがたいです」

っといつもこう返事してくれています。

実際、毎回の勉強会はいつも

あっという間に楽しい雰囲気の中で盛り上がって、

これは参加している人は本当に

その勉強会を楽しんでいるわっと伝わって来ます。

厳しく?優しく?コンサル「する」側の考え

ところで、昨日も、ある月商600万の物販の後輩

コンサル生の教育に関して、少し話題にしました。

コンサル生への教育に厳しくすべきか?

優しく根性よく教育すべきか?

あなたはとっち派ですか?

私は、どっちかというと

後者の優しく育ていく派です。

けど、優しさばかりではなく、

厳しさも絶対必要と思います。

物販の初心者はこんな経験よくありませんか?

高額な勉強代を払って、

全く経験がないビジネスに挑戦します。

わからない事だらけだから、

そのために高額な勉強代を払って

成功した人に教えてもらいます。

けどそこで、厳しい先生の教え方は

「こんな簡単な事を一々聞く事じゃないでしょう⁈

ググったらわかるだろう!」

という方針です。

確かに、厳しさを耐えられるほど、

立派な人が育てられるっという理屈が

大変よくわかります。

しかし、その育て方では

かなりマインドが強い人でないと、

大半の人が簡単な事を聞いたら恥だと思い、

やがて質問できなくなり、

やがてそのグループから静かに消えていく…

このようなケースをたくさん見てきました。

仲間、先輩、後輩…

正直、私は厳しさを耐えられる人間ですが、

教え側になると、私にはできない厳しさ、冷たさです。

大半の塾、スクールの生徒さんは

ほぼ9割近く消えるらしいですけど、

その9割の中、5割ほど本人行動しないタイプだけど、

あと4割は頑張ろうとするのに、

初歩的なこと質問したら、バカにされるから

やがて自信がなく消えていくタイプです。

私は、自分のコンサル生が

どんな幼い質問してきても、バカにしないです。

だって、

自分もそのような質問で困ってきた人間だからです。

最初は肝心です!

最初から支えてあげたら、

自信もやる気も湧くものです。

それが甘いでしょうけど、

これも上手に誘導するのも一つ手法だと思います。

まず本人に楽しく

自信を持って進んでいかないと

完全 選んだ道から消えるからです。

失礼な言い方かもしれないですが、

誰にも押されずに勝手に進む頑張る人もいれば、

先生の励まし、押す力によって

はじめて進める人もいます。

前者は自分から積極的に行動を起こすから、

塾とかに入らなくても成長する人が多いですが

後者は言わば褒めて育つタイプです。

そこを見分けて教育していくのは

すごく大事だと思います。

子育てと同じで、教育って本当に深い深〜い話です。

簡単に厳しさ、優しさだけで

解釈するものではないです。

私を信じてくれる、寄ってくれる

一人の一人のコンサル生と

いつもちゃんと向き合いしています。

たとえどんな簡単な質問でも、

人のことをバカにしたくないですね。

人のことをバカにする人は間違いなく

バカにされるから!!

簡単な理屈なぜ

わからない人がいるんだろうって

いつも思います。

私は人のやり方はどうであれ、

自分は常に教え子たちにとって気楽に

楽しい質問できる場を作りたいと

心から思っています・・・

まあまあ、真剣な話ばかりすると

疲れてしまうかもしれないです、

今日はここまで(笑)

では、またね♪