初めまして、shokoで~す♪ (自己紹介)

スポンサーリンク
初めまして!!
中国人のshokoです♪

名前は、相宗昭紅(あいそう しょうこう)と言います。
ちょっと変わった読みにくい名前なので
「shoko」という名前にしています。
1974年生まれ、
中国の湖南省出身
3人の息子と主人の5人家族で
滋賀県にある静かな町に住んでおります。

小5の時から国体の県体育専門学校に入り、重量挙げ選手として育てられました。
残酷な厳しい訓練に耐えながらある大会でトップ3位に入ってないことでショックし、
実家の親に会うのが怖くて自殺まで暴走しようとした学生時代の自分もいました。

1998年の2月に上海の会社から長年憧れた日本にやってきました。

三年間の日本生活を終えて、中国に帰国した直後、
同じ会社の日本人の男性が上海の空港に現れいきなりプロポーズされて、
結婚してしまいました~

そこから、私の波乱万丈人生が始まりました。
異国文化の同居生活ので、
ドラマのように与えられた姑からの辛い試練・・・
逃げたくても逃げる場所がないほど絶望感

安定した通訳の良い給料をもらってのに、
毎日会社の上司同士のややこしい人間関係の
真ん中に板挟み役に疲れ、
自由を求め始めの独立したくて飲食店の経営者に変身。

しかし、日本に居るのに母国の信頼すべきの中国人同士に騙され、
居抜き状態で0円で手に入れる店を600万円で買取、
そこで情報の知っていると知らないだけで損失の大きが思い切り知らされました。

マイナス状況からの経営を始め、
売り上げと支出のバランスが合わずに、
根気で苦しい経営維持していた1年間です。

プライドが高く信用度を絶対失いたくないための支払いの資金調達、
毎月毎月明日の支払いを心の中で泣きながら悩んでいました。
子供の学資保険の解約、死んで保険金で支払い済むような無責任までの発想・・・
主人に心配かけたくない相談する場所全くない孤独な自分、
泣く場も逃げる場もなかったです。

そのおかげで、一年間で1200万超えた借金を背負って、
8年間にわたっての返済生活が始まり・・・

1店舗目の中華料理を閉店し、
資金0円でまた2店舗目の居酒屋オープンし、
大繁盛した先はある理由で止むを得ずに閉店

返済のため、1日中ずっと仕事仕事仕事!
(居酒屋閉店したあとランチのみのカフェにした)
昼間自分のカフェを経営しながら、
夜は、またスナックでバイトし
まわりのママ友に仕事は趣味って言われ・・・
弁解無用って感じいつも苦笑でした。

家族に散々寂しい思いもさせてしまい
辛い辛い毎日の中、
2015年ネットビジネスに出会い、
物販を始め最初赤字ばかりだったけど、
1年後にやっと月収100万超えの実績に達成、
それから返済を完了し、物販のコンサル事業も始めました。

しかし、お金を稼ぐことだけでは得られない、
人としての生きがいを探すために、
コンサル事業からは撤退し、
「笑顔で生きよう~」という活動を始めました。

話しきれないほど寂しさ、悲しみ、絶望感の人生を乗り越えた私、
もう解決できない悩みなんてない!と言えるほど、
ウルトラメンタルになり、
誰よりも強く生きる方法を見つけ、
そしてあなたに伝えたくて・・・

1人で悩まないで〜
あなたのお悩みはshokoが聴いて解決口を一緒に見つけてあげます♪